読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

事 後 報 告

http://masudapiroyo.com/

2014年1月 七人の七菜乃展

2014年を振り返る 1月の思い出。

『七人の七菜乃展』に参加しました。

特殊モデル”を自称するモデル「七菜乃」。クリエイターたちの「イメージ」という一種の欲望を顕現するため、彼女は時に母となり、時に聖女となり、時に妖婦となり、時に生贄となる。時代性や属性から解き放たれた変幻自在の彼女を前に、クリエイターたちは自らの奥底に澱のように堆積した「イメージの残滓」を解放せずにはいられない。と同時に、赤裸々となる欲望とも、真摯に向き合わざるを得なくなる。作品としての「結構」と、被虐的ですらあるこの「イメージの解放」がせめぎ合いながら、「二つ巴の紋」のように均衡した時、ヌード写真はひとつの品格を手に入れる。だとすれば、今回の7人のクリエイターは、確かに品のある絶妙な仕事を成し得ていると言えるだろう。それは個々の力量と真摯な精神活動=“葛藤”の結果であることは言うに及ばないが、もうひとつ、変幻自在に作品の触媒として機能した七菜乃というモデルの魅惑を無視することはできない。7つの葛藤が、ひとりのモデルを七色に染め上げた。「7人の七菜乃展」、それを目撃できる至福に、貴兄もなす術なく大いに溺れるがいい。(玄光社フォトテクニックデジタル編集長・藤井貴城)

f:id:masu_piyo:20141222013640j:plain

フォトテクニックデジタル12月号「7人の七菜乃」特集

「七人の七菜乃」は7人のクリエイター(上野勇/田口まき/武井裕之/伴田良輔/舞山秀一/増田ぴろよ(撮影:内野秀之)/村田兼一 ※敬称略)による競作特集でした。

f:id:masu_piyo:20141222013548j:plain

七菜乃ちゃんについての文章も書きました。

・七菜乃さんの魅力
美少女をストイックに体現している七菜乃ちゃん。
お人形のような美少女には儚さや暗さがとても似合っている。
私は彼女の裏側から見え隠れする面白さに注目している。
彼女が選ぶ言葉やファッションは可愛いだけじゃなくて、どこか泥臭くてしつこさもあって面白い。
生活スタイルも謎が多くエキサイティングで面白い。
彼女のツボに入って興奮した時の「ぴゃぁあ〜☆」という声もとても面白い。好き♡
美少女と面白さって相性が悪い。面白さは儚さや暗さを打ち消してしまうから。
そんな面白さをはらんでも七菜乃ちゃんが美少女であることに変わりが無いのは、彼女の生き様が潔くガーリーを貫いているからなのだと思う。
 
・ヌードとの距離感
裸は衣装。武装としてのヌードだと思う。
ぺ凡なの。の衣装は七菜乃ちゃんの武装を解除してもらいギリギリを攻めています。
 
増田ぴろよ