読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

事 後 報 告

http://masudapiroyo.com/

7人の七菜乃展

f:id:masu_piyo:20140405145147j:plain

7人の七菜乃展
上野 勇/田口まき/武井裕之/伴田良輔/舞山秀一/増田ぴろよ/村田兼一
2014年2月7日(金)~23日(日)
開廊時間:12時~18時(金曜日は19時まで)休廊日:月曜日・火曜日

特殊モデル”を自称するモデル「七菜乃」。クリエイターたちの「イメージ」という一種の欲望を顕現するため、彼女は時に母となり、時に聖女となり、時に妖婦となり、時に生贄となる。時代性や属性から解き放たれた変幻自在の彼女を前に、クリエイターたちは自らの奥底に澱のように堆積した「イメージの残滓」を解放せずにはいられない。と同時に、赤裸々となる欲望とも、真摯に向き合わざるを得なくなる。作品としての「結構」と、被虐的ですらあるこの「イメージの解放」がせめぎ合いながら、「二つ巴の紋」のように均衡した時、ヌード写真はひとつの品格を手に入れる。だとすれば、今回の7人のクリエイターは、確かに品のある絶妙な仕事を成し得ていると言えるだろう。それは個々の力量と真摯な精神活動=“葛藤”の結果であることは言うに及ばないが、もうひとつ、変幻自在に作品の触媒として機能した七菜乃というモデルの魅惑を無視することはできない。7つの葛藤が、ひとりのモデルを七色に染め上げた。「7人の七菜乃展」、それを目撃できる至福に、貴兄もなす術なく大いに溺れるがいい。(玄光社フォトテクニックデジタル編集長・藤井貴城)

Feb 7 (Fri) -Feb 23(Sun) “The Seven Nananano ”
Gallery hours during the exhibition are 12:00-18:00 from Wednesday through Sunday (19:00 on Friday)
The Gallery is closed on Monday and Tuesday.

Nananano considers herself a “Specialty Model.” In compliance with the “image” to which the artists she works with aspire, at times she becomes a mother, at others a saint, a seductress, and even a sacrifice. Before her protean visage that transcends era and attribute, the artist must stir up the sediment and unleash the accumulated “dregs of the image.” At the same time, they must seriously confront their unvarnished intention. As works of art, the “construction” of the work conflicting with the “unabashed image” come into balance like the “two-comma crest” bringing a dignity to nude photography. Considering this, I would say that seven artists have achieved a high level of quality in this exquisite work. And while it goes without saying that the diversified product of distinct individual abilities and their sincere spirit can result in “discord”, there is one thing that cannot be ignored: Nananano, the fascinating model who served as the catalyst for this kaleidoscopic collection. Even if you have no experience in art, you may still indulge in the immense bliss of viewing the “The Seven Nananano Exhibition.
” Photo Technique Digital (Genkosha), Chief editor, Fujii Takaki

f:id:masu_piyo:20140406161751j:plain

7人の七菜乃展で制作した「新宿回転ベッド×七菜乃ちゃんポストカード」全9種類+a

f:id:masu_piyo:20140405144332j:plain

神保町画廊のUstreamアートコンシャスチャンネルの収録風景。司会は口枷屋モイラさん。
出演:七菜乃、舞山秀一上野勇藤井貴城、増田ぴろよ

f:id:masu_piyo:20140405144352j:plain

「7人の七菜乃展」のイントロダクションも寄稿している藤井貴城さんのtweetがすばらしく文学!です。

"物語への誘い…村田兼一さんの七菜乃作品。バイオリンを構える彼女の意思的な目と体のラインの美しさ。"

"インテリジェンスという衣をまとうヌード作品。舞山秀一さんの七菜乃作品。"

"雑誌グラビア的前衛へのオマージュ。伴田良輔さんの七菜乃作品。"

"押し絵のような写真。増田ぴろよさんのつくる写真の世界にのめり込む兄はやがて遠眼鏡の向こうに消える。"

"光まばゆい水彩画のような武井裕之さんの七菜乃作品。"
"休日の七菜乃さん…かのような、さりげなく、ほどよい弛緩と生っぽさ。田口まきさんの七菜乃作品。"

"少年の憧憬と戦き。年上の人はいつも自分を見ていない。上野勇さんの七菜乃作品。"

七菜乃ちゃんの存在自体が、文学との親和性が高いのです。